緊急スクープ!!

ランボルギーニ社のプロトタイプを奥多摩の某所で発見。
2月某日、何時ものようにパトロールをしているとギラリと輝くシルバーの光線に目を奪われました。
c0004059_7192618.jpg

接近して観察するとプロトタイプのクルマ、しかもデザイン的にランボルギーニ社であると推測される。
c0004059_721995.jpg

人気のあるカウンタックを継承したであろうマシーンには数々の革新メカが。
ボディーはアルミ(チタンも考えられる)または新素材か?
しかも一体整形を嫌い懐かしのリベット打ち(超高速走行での整流効果であると推測)
c0004059_7231762.jpg

そしてエンジンはパルスジェットの応用であろう。(従来エンジンとのハイブリッドも視野に)
c0004059_7274435.jpg

超高速走行に耐えうるガラスが無いのか(外部のみのコーティングかも)内部のモニターで運転か?さらに謎の計算式が....。
c0004059_7311544.jpg

動く物体の宿命である軽量化には涙ぐましい努力が。(バルサ?ソレ風の新素材?)
c0004059_733315.jpg

詳しくは近くランボルギーニ社からあるでしょう。
c0004059_7353346.jpg

秘密工場の場所からランボルギーニ社が農機具メーカーであることも頷ける。